S  t  o r   y






Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.
                                                                    Sir Arthur Charles Clarke

                  

​

​|

​|

​|

​|

​|

​|

空想科学を建築へ。芸術を用いて何百年か後の未来の建築を想定する。
現代のテクノエロジーでは到底不可能な技術を建築に応用したものを『超未来建築』と総称している。
2015年からANOMaRY Studioでは「反重力」を主題に建築が重力から解放され空中建築をドローイ
ングで描いている。反重力は現代科学においてはSFの分類、しかし時が経てばいずれ実現するだろう。
その時建築はどんな姿で世界を行き来するのか。そしてどんな可能性を持つのか。超未来建築ではそれ
らの形態と物語について研究している。